当院について | 豊橋市のインプラント・口腔外科専門医院

豊橋市の歯科/歯医者 インプラント・口腔外科・歯周病治療専門 若林歯科医院

当院について

当院について

「しっかり噛んで食べられる快適な毎日を」


若林歯科医院豊橋・若林歯科医院の診療方針は、一部の疾患にクローズアップして治療するのではなく、口腔内全体を考慮して治療します。つまり、インプラント治療、入れ歯の治療自体がが目的ではなく、患者様の口腔内が健康になるための一手段であると考えています。
また、当医院では衛生管理にも十分な配慮をしながら治療をしております。「1患者1回」の基本方針のもと、治療の際に使用する器具は滅菌処理、パッキングを実施し、ディスポーザブルな環境で常に衛生管理を徹底しております。

当医院ではすべての人にしっかり噛んで食べられる幸福の日々を過ごしていただきたいと考えており、おいしく食事ができること、またその状態を長く維持することを目的とした治療を行っています。そのために1つの疾患、1つの部位のみを処置するのではなく、お口全体の機能やバランスを考えた総合的な治療方針をご提案します。歯の大切さは失ってから気づくこともあります。我々は、歯を失ってからどう対応するかを患者様の気持ちになって考えています。また、安全な治療を行うために、院内感染対策、CT等の最新設備導入を行っています。


お口全体の機能やバランスを考えた総合的な治療


インプラント治療比較的難しいと言われる治療に特化している当医院では、インプラント治療についての考え方が一般的な医院とは少し異なります。インプラントそのものを治療の中心として考えるのではなく、患者様の口腔内全体を考慮したうえで、最も効果的な方法がインプラント治療であれば勿論お勧めしますが、インプラントが全ての問題解決だとは考えていません。つまりインプラントを臨床に使用する最大の目的は、残存歯を保護するということであり、単に歯が無いからインプラントで噛めるようにしようとする発想ではありません。
確かにインプラントは現段階では最高の再生治療であることは間違いありませんが、万人に対して万能ではありません。患者様によっては、その他の治療方法が適しているのであれば、無理にインプラントをお勧めする必要は無いと考えます。
まずは一度当医院にご相談ください。スタッフ一同、こころよりお待ちしております。

院長 若林一夫

院長略歴
昭和54年 城西歯科大学卒業
昭和54年 城西歯科大学口腔外科助手
昭和58年 若林歯科医院(豊橋)開業
平成6年 明海大学歯学博士号取得
平成7年 明海大学歯学部口腔外科非常勤講師
平成18年 マツバデンタルクリニック(東京)開設

所属学会・認定医
日本口腔外科学会
日本歯科麻酔学会
日本レーザー学会
日本顎咬合学会 認定医
日本咬合学会
日本口腔インプラント学会
【院長より】
おいしく食事ができることは、QOL(生活の質)を高めます。痛みが無く、よく噛める状態を、より長く維持するためにどのような治療が必要なのか?患者様の口腔全体の状態を改善するために、包括的な全顎的治療を提供いたします。


歯科医師 若林 絹子

略歴
平成22年 日本歯科大学卒業
平成23年 日本歯科大学附属病院
平成23年 臨床研修 修了
平成23年 若林歯科医院勤務

所属学会・認定医
日本顎咬合学会
日本口腔インプラント学会

若林歯科医院